「私は、貧乳だからナイトブラを付けて意味がないでしょ。」
と思っていませんか?

貧乳、つまりバストの小さな女性は、ナイトブラをしないで眠っているのではないでしょうか。

しかし、貧乳の女性でもナイトブラをする意義はあります。

貧乳でもナイトブラをしたい理由としては「貧乳でもバストは垂れるか。」「貧乳だからバストアップしたいだろう」からです。

貧乳の女性は、自分のバストが小さいため垂れることはないと思っていませんか?
しかし貧乳であっても、胸は垂れます。

ナイトブラは、眠っている間のバストを正しい位置にキープすることができます。
ですので、垂れ乳防止の効果を持ちます。

さらに、貧乳さんには嬉しい、ナイトブラには脇肉をバストに集めて固定するバストに変えていくことができるブラジャーです。
バストアップしたい貧乳さんにこそおすすめのブラジャーが「ナイトブラ」なんですよ。

あなたは、クーパー靱帯をご存知でしょうか。

バスト内にある靱帯のことで、バストをまさに支えている垂れ乳防止のために頑張ってくれている場所です。

しかし、クーパー靱帯は1度切れてしまうと元に戻すことはできません。

さらに痛みも感じませんから、クーパー靱帯が切れてしまっていることを感じることができないのです。

バストが大きかろうが、貧乳だろうが関係なく、クーパー靱帯は早め早めのケアで守る必要があります。

クーパー靱帯が伸びる原因は、運動による揺れは年齢などあります。

ですが、横になって眠っている間にかかるクーパー靱帯への負荷もあると言われているんですよ。

ですから、眠っている間のバストケアとしてナイトブラが大切なんですね。

背中や脇の肉も寄せ集めてくれ、脂肪を本来の胸に戻してくれるため、バストアップも期待できます。

本来、バストが大きい方が重さがあるのでクーパー靱帯が伸びやすいと言われています。
しかし、貧乳さんでもクーパー靱帯は伸びます。

横向きに寝てみるとよくわかりますが、貧乳の人でもバストは流れますよね。
バストが大きいと、その負荷も大きくなりますが、貧乳でもそれだけ負荷はかかっているのです。

クーパー靱帯は、年齢や授乳などバストサイズ以外の要因でも伸びますから、貧乳だから大丈夫と思っていても油断できません。

またナイトブラは補正効果を持っています。
流れた肉を寄せ集め、時間をかけて少しずつ形よく綺麗なバストへ変化させてくれます。
貧乳さんにとってはメリットだらけではありませんか?

逆にナイトブラをしなければどうなるか知っておきましょうか。
昼間のバストはブラジャーに支えられて上向きになっています。
しかしブラジャーを取り、横になると支えがなくなりますので、下がったり横に流れたりします。
ノーブラで眠るということはバストが垂れた状態で長時間いることになります。

貧乳だから垂れない、ということはありません。
貧乳だからこそ、ナイトブラをつけて、形は美しくキープしたいものですね。
さらに補正効果によって得られるバストアップ効果も嬉しいものです。
貧乳さんも、ナイトブラをするようにしましょう。